• Mizuki Ando

Audrey Hepburn Photo Exhibition


(Japanese translation below)

The Audrey Hepburn Photo Exhibition was held at the Sapporo DAIMARU department store from March 7 to March 19, and was open every day from 10 a.m. to 7:30 p.m. The ticket price was ¥1,000 for adults, ¥800 for students and it was free for elementary school students and younger. The advance price was ¥800 for adults and ¥600 for students. The exhibition was sponsored by Hokkaido Shinbun Press.

The title of the exhibition was “The Eternal Fairy.” There were three themes: “Fashion,” “Cinema” and “Personal Life.” This exhibition was a large-scale photo exhibition that displayed about 150 valuable photos. The photos were on loan from Co.mptv of California. The photographers were mainly Mark Shaw, Bob Willoughby and other top photographers. There were also photos of Audrey from private collections that have been published in Japan.

Audrey was once chosen an international best dresser (hall of famer), and now she is respected by the fashion industry. She died of cancer in 1993. It has already been about 25 years since her death, but she still attracts great interest from young women. Moreover, a lot of original goods were on sale. The goods included notebooks, magazines, T-shirts and so on, and all of the goods have photos of Audrey printed on them. They were all specialty items on sale only at the exhibition.

This event was also held in Kyoto DAIMARU, Shinsaibashi and Nagoya in 2017. In 2018, it was held in Nihonbashi MITSUKOSHI, Kobe DAIMARU, Yokohama, Okayama, Takasaki, Kochi, Tokorozawa and Shizuoka. If you ever get chance to go to the Audrey Hepburn Photo Exhibition sometime in the future, you won’t regret it. Last of all, in the words of Audrey Hepburn, “The most important thing is to enjoy your life——to be happy. It’s all that matters.”

写真展 オードリー・ヘプバーン

安藤 瑞季

3月7日から3月19日の期間、札幌大丸にてオードリー・ヘプバーン写真展が開催された。入場時間は午前10時から午後7時30分まで。入場料は税込で大人1000円、中高大生は800円、小学生以下は無料だ。また、前売り券は大人800円、中高大生600円だ。この写真展の主催は北海道新聞社である。

この写真展のタイトルは、~今よみがえる、永遠の妖精~。展示内容は「永遠のオードリーファッション」「女優オードリー・ヘプバーン」「大事にした時間」の3つのテーマで構成された。貴重な写真を約150点展示し、大規模な写真展として開催された。写真はカリフォルニアの mptv 社が提供しており、マーク・ショーの作品を中心に、ボブ・ウィロビーなど一流の写真家による傑作作品が厳選され、展示されていた。それらには、日本で出版されたプライベートなコレクションからの出展もあった。

オードリーはインターナショナル・ベスト・ドレッサーに選ばれ殿堂入りしており、今日においてもファッション界から敬意を払われている。彼女は1993年に癌により亡くなった。すでに25年を経ようとしているが、今も現代の女性たちから強い支持を受け続けている。

さらに展示会ではたくさんのオリジナルグッズが販売された。ノートや写真集、Tシャツなどすべてオードリーの写真がプリントされたものだった。それらは普段は手に入らない特別なグッズだ。

このイベントは2017年には、大丸京都店、心斎橋店、松坂屋名古屋店の3都市で開催された。また、2018年には三越日本橋店、大丸神戸店、横浜店、岡山店、高崎店、高知店、所沢店と静岡店で開催されている。もし、このさきオードリー・ヘプバーン写真展に行く機会があったなら、絶対に後悔しないので行ってほしいと願う。

最後に、オードリー・ヘプバーンの言葉を添えて

「とにかく人生を楽しむこと、幸せでいること。大事なのはそれだけ。」

#Exhibition

8 views