• Yuri Kikuta

New Snoopy Café opens in Otaru


(Japanese translation below)

Snoopy Café (Snoopy Cha-Ya) opened in Otaru on April 19. It’s open from 10:30 a.m. to 5 p.m. It is the forth Snoopy Café to open following Yuhuin, Ise and Nshiki. This café blends Snoopy in a Japanese way.

The design of this café is based on Taisho era as a motif. The café menu includes healthy foods using fresh local vegetables with edibles, such as marsh mellows in the shape of Snoopy and Japanese sweets and drinks. There are also takeout items such as ice cream and croquette.

There is a souvenir shop on the first floor of the café. Kiriko drinking glasses and dishes are sold at all the shops and goods made of traditional Japanese cloth patterns. Otaru limited design glasses, cheese cake and melon cake are on sale. There is also raw caramel, tote bags, pouches and other goods sold only at the Otaru location.

The café is on the second floor. The café menu differs for each store. There is Snoopy Hamburg Steak Omelet Rice, Woodstock soup Curry, Soba and so on in the Otaru shop. There is also a boxed lunch. Desserts include Green Tea Parfait with Snoopy marsh mellows, Melon Parfaits and Hot Cakes. For dinks you can order Green Tea Latte and Coffee. All of these foods and items are sold only in Otaru.

Snoopy is a Beagle dog appearing in the comic “Peanuts” that American cartoonist Charles Schulz started drawing in 1950. Snoopy is Charlie Brown’s dog. Charlie Brown, Shermy Plepler, Patty Swanson and Snoopy were in the comics which came out at first. In 1952, Lucy and Linus appeared and the current form of “Peanuts” was completed. As with other major characters, Woodstock can understand Snoopy’s sounds.

Woodstock is Snoopy’s best friend. He is a character known worldwide and he is also popular in Japan. Five Snoopy movies have been released so far. “Peanuts” celebrated its 50th anniversary in Japan in 2018.

The store was very crowded and there was about a three hour wait to enter the café. I was able to get in without waiting in line because there was an automatic reservation machine. If you get a reservation ticket you can do sightseeing in Otaru during that time. The souvenir shop on the first floor had more goods than I imagined.

Snoopy stuffed animals and carrying cases were also on sale. All of the goods were very cute. The parfait was delicious. Snoopy marshmallows and cookies were on top of the parfait and it was cute. You can take it out and eat it on the terrace. If you ever get a chance to go to Snoopy Café sometime in the future, you won’t regret it.

小樽スヌーピー茶屋

菊田 侑里

4月19日にスヌーピー茶屋小樽店がオープンしました。営業時間は午前10:30から夕方5:00までです。スヌーピー茶屋小樽店は、由布院店、伊勢店、錦店に続いて、4店舗目のオープンとなりました。この茶屋はスヌーピーと和を融合させたテーマカフェです。

このカフェのデザインは、大正時代をモチーフとしています。茶屋メニューは、キャラクターとコラボレーションした新鮮な地元の野菜を使ったヘルシーなフードをはじめ、スヌーピーの形をしたマシュマロがのっているパフェや、和菓子や、ドリンクをとりそろえています。また、ソフトクリームやコロッケなどのテイクアウトメニューもあります。

カフェの1階部分にはお土産屋さんがあります。切子グラスや小紋柄のお皿など日本の伝統的な柄を取り入れたグッズが販売されています。小樽店限定のグラスやお皿、チーズケーキやメロンケーキも販売しています。他にも、小樽限定の生キャラメルや、トートバッグ、ポーチなども販売しています。

2階部分にカフェがあります。メニューは店舗ごとに異なっており、スヌーピーハンバーグオムライスや、ウッドストックスープライスカレー、そばなどを小樽店限定で販売しています。お弁当も販売しています。スヌーピーのマシュマロがのった抹茶パフェや、メロンパフェ、ホットケーキなどのデザートがあります。ドリンクは抹茶ラテや、コーヒーなどがあります。これらすべてのメニューは、小樽店限定のメニューです。

スヌーピーはアメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツが1950年から書き始めたPEANUTSの漫画に登場するビーグル犬で、チャーリーブラウンに飼われています。最初の頃は、チャーリーブラウン、シャーミー、パティ、そして、スヌーピーが登場する漫画でした。やがて、1952年に、ルーシーやライナスも登場し、現在のPEANUTSの原型が出来上がりました。他のメジャーなキャラクターとしては、ウッドストックがいて、彼はスヌーピーの言葉を理解することができます。また、ウッドストックは、スヌーピーの親友でもあります。

スヌーピーは、世界中で知られていて、日本でも人気を集めています。今までに、5つのスヌーピーの映画が日本で公開されています。そして、PEANUTSは、2018年日本で50周年を迎えました。

スヌーピー茶屋はとても混んでいて、私はカフェに入るのに約3時間かかりました。自動受付機があり、時間になると電話でお知らせしてくれたので、列で待たずに入ることができました。ですので、その待ち時間の間に、小樽観光をすることもできます。そして、1階のお土産屋さんも思っていたよりも多くのお土産がありました。

スヌーピーのぬいぐるみや、キャリーケースも売られていました。どのグッズもかわいかったです。パフェもおいしく、スヌーピーのマシュマロや、クッキーがパフェにのっかっていてかわいかったです。テイクアウトもでき、テラス席で食べることもできます。もし、小樽に行く機会があればぜひスヌーピー茶屋に行ってみてください。

#Food #Review

24 views