top of page
  • Phillip Radcliffe

Eniwa, Hokkaido

Updated: Jan 13

(Japanese translation below)


By Yuma Nakata

The City of Eniwa, Hokkaido is located midway between Sapporo, the prefectural capital, and the New Chitose Airport. The city is also a place of beauty, with abundant water from limpid streams that flow from the mountains and forests in the adjacent Shikotsu-Toya National Park. The city has a population of 70,332 and is surrounded by nature, so it feels very cozy.


There are many events related to nature like the Eniwa Garden Festa. Therefore, it is called The Garden City. It is also famous for books, so it is called The Town of Books. It especially promotes plants such as flowers, and holds a large-scale event called Garden Festa every year. Based in Eniwa City, the main purpose is to convey the splendor of nature through 32 parks and gardens in Hokkaido using various flowers. Growing flowers is also part of the school education.


In addition, many flowers are blooming on the side of the road, which were planted by many citizens. Many citizens grow flowers because they agree with and sympathize with the philosophy of Eniwa City. It often has flower events. Garden Festa is the largest event, but there are many other events in the city like the Flower Bed Competition, the Eniwa Flower and Life Exhibition. At this year’s Garden Festa, there was an opportunity to feel the possibility of flowers by exhibiting flower bed creations from a lot of prefectures, including hanging baskets, container gardens, and so on.


Eniwa City promotes reading, and restaurants such as cafes, soba restaurants, flower shops, beauty salons, post offices, banks, and community spaces have micro libraries. In addition, the book events are actively held in elementary schools, junior high schools and high schools. There is a culture of morning reading throughout the country, but other events related to books are held inside and outside the schools in Eniwa City. There are three libraries in Eniwa City with many books. If you are ever in Eniwa, please drop by one of the libraries if you have time.



北海道恵庭市

中田 優真


北海道の恵庭市は、道庁所在地である札幌市と新千歳空港との中間に位置している。また、恵庭市は隣接する支笏洞爺国立公園の山林から清流が流れ、水が豊かな美しい街でもある。恵庭市は人口70,332人であり、自然に囲まれておりとても心地よく感じる。


「恵庭ガーデンフェスタ」のような自然に関するイベントが多く開催されている。そのため、恵庭市は「ガーデンシティえにわ」と呼ばれている。また、恵庭市は本で有名であり、「本の町」とも呼ばれている。恵庭市は特に花などの植物を薦めており、毎年、ガーデンフェスタと呼ばれる大規模なイベントを開催している。恵庭市を拠点に、さまざまな花を使って北海道の32の公園や庭園を通して自然の素晴らしさを伝えることを主な目的としている。恵庭市は学校教育においても花を育てている。 


加えて、たくさんの市民によって植えられた多くの花が沿道に咲いている。多くの市民は恵庭市の考え方に同意し、共感しているため花を育てている。恵庭市では花のイベントがよくある。「ガーデンフェスタ」は最大のイベントだが、「花壇コンペティション」、「恵庭花とくらし展」など、市内には他にも多くのイベントがある。今年の「ガーデンフェスタ」では、多くの都道府県の花壇作品、ハンギングバスケット、コンテナガーデンなどを展示することで花の可能性を感じる機会があった。


恵庭市は読書を促進しており、カフェ、そば屋、花屋、美容院、郵便局、銀行、コミュニティスペースなどのレストランにはマクロライブラリがある。さらに、本に関するイベントは小学校、中学校、高校で積極的に開催されている。全国に朝読書の文化があるが、恵庭市の学校内外で本に関する他のイベントが開催されている。恵庭市には3カ所の図書館があり、たくさんの本が置かれている。恵庭を訪れる機会があった場合、時間が許せば図書館に立ち寄ってください。

2 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page