Soran! Soran! Soran!

September 1, 2016

(Japanese translation below)

 

The SU Yosakoi team Lafête participated in the Sapporo Yosakoi Soran Festival again this year. The event was held over a five day period from June 8 to 12. This year was also the 25th anniversary of the Sapporo Yosakoi Soran Festival.

 

The first Yosakoi Soran Festival was held in 1992 and only had ten teams of about 1,000 participants, but it has grown bigger every year since then. There are now about 300 dance teams with a total of about 30,000 dancers. About 1 million spectators come out to see the event each year.

  

Sapporo University’s team began in 2000, so this is the 16th year they have been participating. The SU Lafête team has over 100 members. Shun Inoue, a sophomore English major, was this year’s team leader. He said the team practiced hard for many months. They practice for a couple of hours three or four times every week at night. Lafête means “celebration” in French. The name shows the positive spirit of the team.

  

Before the festival begins the teams are divided into 20 groups of 12 teams each. The top 3 teams from each group are chosen after the first stage competition. The first place team from each group goes on to compete until the end of the festival on the final stage.

 

The second and third place teams get to continue at various locations around the city, but not on the final stage. Lafête placed third in their group this year as well as last year. Their hope is to place second or even first someday and perform on the final stage. Go Lafête!

 

 

 

ソラン!ソラ

工藤 彰浩

 

札幌大学よさこいチームLafête が今年もサッポロよさこいソーラン祭りに参加した。この祭りは6月8日から12日の5日間に渡って開催された。今年はサッポロよさこいソーラン祭り25周年の年にあたっている。第1回よさこいソーラン祭りは1992年に開催され、およそ1000人、10チームの参加であったが、毎年参加人数も増え、今やおよそ30,000人、300チームがこのイベントに参加しており、約100万人の観客が毎年この祭りを観に各地からやって来る。

 

札幌大学チームは2000年から参加しており、今年16年目を迎えた。札幌大学チームLafête には100人を超えるメンバーがおり、今年は2年生の井上瞬君がリーダーを務めている。彼によれば、札大チームは何ヶ月もの間一生懸命練習に励み、放課後、毎週3、4回、2、3時間練習しているということだ。Lafête とはフランス語で「祝賀」を意味し、この名称はチームの並々ならぬ意気込みの表れであるといえる。

 

よさこいソーラン祭り開催前に、参加チームはそれぞれ12チームからなるブロックに分けられる。それぞれのブロックの上位3チームがファーストステージでの演舞で選ばれ、優勝チームはソーラン祭り最終日まで優勝を目指して演舞を続け、ファイナル・ステージで演舞を披露する。2位のチームはセミファイナル・ステージまで進むことができ、そこでの優勝チームがファイナル・ステージで優勝チームと演舞を競うことができる。しかし、3位のチームは市内に設置されている各会場で演舞を続けるが、ファイナル・ステージに上がることはできない。

 

しかし、3位のチームがファイナル・ステージに上がるチャンスが1つだけ残されている。観客が携帯電話で気に入ったチームに投票し、最も多くの投票を得たチームがセミファイナル・ステージで2位のチームと演舞を競うことができることになっており、そのため、人気投票を得た3位のチームがセミファイナルで勝てば、ファイナル・ステージに進むチャンスを得られるのだ。

 

今年のLafête の成績は昨年と同様ブロック内3位の成績であった。チームメンバー達の望みは2位になること、そしていつかは1位となって、ファイナル・ステージで演舞を披露することである。行けLafête !

Share on Facebook
Please reload