Low-Cost Carrier flights increasing

August 1, 2017

(Japanese translation below)

 

Have you ever flown on a Low-Cost Carrier (LCC)? LCCs provide only basic services, run efficient operations and cut extra costs. For example, they cut in-flight meals and there is a strict weight limit on carry-on baggage. The number of LCC flights have increased in Japan this year. Jetstar increased its number of flights to 36 and Vanilla Air increased 60 flights compared with last year.

 

The number of LCCs flights from New Chitose Airport have increased 30 percent. The first LCC introduced in Japan is Jet Star in 2007 and LCC rapidly became famous in 2010. The first fully owned Japanese LCC was Peach in 2011.

 

LCCs change fares depending on seat availability. If tickets are in high demand, the fare increases. LCCs have a time sale system. During a time sale you can get a one way ticket from Sapporo to Tokyo for only ¥1,990. However, the time sale system is random and it’s first-come first-served, so you need to check the website frequently.

 

Here are some of LCCs that operate out of New Chitose Airport. Jetstar is owned by JAL and is based in Narita, Kansai and Chubu airports. There are 11 domestic flights and 17 foreign flights. Jetstar flies to Australia, China, Hong Kong, Indonesia, New Zealand, Philippines, Singapore, Taiwan, Thailand and Vietnam.

 

Peach is operated by ANA and is based at Kansai Airport. They have 12 domestic flights and 4 foreign flights to Korea, China, Taiwan and Thailand. One way fare from Sapporo to Tokyo can be as low as ¥3,990.

 

Vanilla Air also operated by ANA and is based in Narita Airport. They have 6 domestic flights and 4 foreign flights to Cebu Island, Vietnam, Hong Kong and Taiwan. One way fare from Sapporo to Tokyo can be as low as ¥5,050.

 

To sum up, the advantages of using LCCs are their cheap prices and their new equipment. The disadvantages of using LCCs are the overweight baggage restrictions and drinks and meals cost extra. Also, the seats are very narrow. The reason why LCC flights have increased in Japan is exactly what its name implies-low cost.

 

 

LCCのフライトが増えている

工藤 栞菜

 

あなたはLCCに乗ったことがありますか?LCCは基本的なサービスのみを提供し、効率的な運行で余分な出費を抑えている格安航空会社である。例えば、機内食を無くし機内に持ち込める荷物の重量制限を厳しくしている。

 

今年、LCCの数が大幅に増便している。去年に比べてジェットスターは36便、バニラエアは60便増加した。そして新千歳空港発のLCCは30%増加した。日本に初めてLCCが導入されたのは2007年で、その後2010年に急速に有名になった。2011年には日本初のLCCであるピーチが設立された。

 

LCCは座席の需要によってチケットの料金が変わり、もし需要が高ければチケット代も値上がりする。また、LCCにはタイムセールがある。タイムセールの間は札幌から東京まで片道わずか1,990円で行けることもある。しかし、タイムセールは予告なしで早い者勝ちなのでウェブサイトを頻繁にチェックする必要がある。

 

以下は新千歳空港発のLCCのいくつかの例である。ジェットスターはJALグループの会社で成田、関西、中部空港を拠点としている。11の国内線と17の国際線がありオーストラリア、中国、香港、インドネシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムに飛んでいる。

 

ピーチはANAグループの航空会社で関西空港を拠点としている。12の国内線と4つの国際線があり、韓国、中国、台湾、タイに飛んでいる。札幌から東京までの片道は安い時期で3,990円程度である。

 

バニラエアもまたANAグループの航空会社であり、成田空港を拠点としている。6つの国内線と4つの国際線があり、セブ島、ベトナム、香港、台湾に飛んでいる。札幌から東京までの片道は5,050円である。

 

まとめると、LCC を利用することのメリットは安くて機材が新しいこと。デメリットは重量オーバーの荷物に料金がかかり、機内食が有料なこと。そして座席が狭いことである。LCCが日本で増加した理由はまさに名前のとおり“安い”からに他ならない。飛行機を予約するときはこのことをしっかり認識するべきである。

Tags:

Share on Facebook
Please reload