America vs North Korea

August 1, 2017

(Japanese translation below)

 

News of North Korea’s nuclear missile program has gained a lot of attention in Japan recently. This is a very serious problem and there are several reasons why this is coming to a head. A military confrontation with North Korea would be disastrous not only for North and South Korea, but for Japan as well.

 

First of all, the U.S. and North Korea have had bad relations since the Korean War (1950-1953) when North Korea tried to take over the southern part of the Korean peninsula. The U.S. has supported South Korea since then. Even now the governments of North and South Korea have not signed a peace agreement, so technically, they are still at war.

 

Secondly, although the U.S. as the world police has been sanctioning North Korea for many years, they have had no direct talks with them. In the meantime North Korea has continued it is nuclear and missile program to provoke America. North Korea thinks that having a strong military is a symbol of their power and they want to be considered equal to the U.S.

 

Finally, there is Trump, the new U.S. president. President Trump’s philosophy seems to be “Peace through strength,” and he has applied pressure to North Korea. In contrast, North Korea has provoked American military power, so it is often stated that they may go to war with each other soon. If that happens, Japan will also be caught up in the war. Since Japan also has U.S. military bases, there is more than enough reason for an attack on Japan from North Korea.

 

If President Trump attacks North Korea, Japan must make up its mind to do three things: assist the U.S. in a counterattack, help evacuate Japanese and Americans who live in South Korean and also help any South Korean refugees.

 

These three things are very important and it is very difficult to do without some advanced planning by the Japanese government. In this sense, Japan has a grave responsibility to bear if war breaks out on the Korean peninsula.

 

As a result, the U.S and China seem to be cooperating more to solve this problem. For example, China has stopped exporting food, fuel and other necessities to North Korea. Because North Korea is dependent on Chinese trade, North Korea will suffer greatly. If its economy collapses, North Korea will not be able to continue its missile program. We will have to wait and see how this plays out. Hopefully, the situation will take a turn for the better.

 

 

アメリカ対北朝鮮

工藤 彰浩

 

最近の北朝鮮の核ミサイルの問題は日本で多くの注目をあびている。このことはとても深刻な問題であり、これが論点になったのもいくつか理由がある。北朝鮮との軍事衝突は北朝鮮や韓国のほかに日本にとっても大きな打撃となるだろう。まず第一に、北朝鮮が朝鮮半島の韓国の地域を征服しようとしたときを境にアメリカ、と北朝鮮は朝鮮戦争(1950~1953)を起こし、そこから悪い関係が続いている。

 

アメリカはその当時から韓国を支援している。今でさえ韓国と北朝鮮の政府は法律的には平和協定にサインしておらず、両国はまだ戦争状態にある。次に、世界警察とみなされているアメリカは長年北朝鮮を承認してきたが、北朝鮮はアメリカと直接対話をしなかった。ここ数年間、北朝鮮は核ミサイルを計画しつづけ、アメリカをいら立たせている。北朝鮮は強い軍事力を持つことは力の象徴だということ、またアメリカと対等であるということを考えてほしいと認めている。

 

最終的に、新しいアメリカの大統領トランプがいる。トランプ大統領の人生観は「強さを通しての平和」のように思われ、彼は北朝鮮に圧力をかけている。対照的に北朝鮮は軍事力をもってアメリカをいらいらさせているため、彼らがすぐにお互いに戦争に行ってもよい状態にいつもあるのである。もし、戦争が起きたら、日本も戦争に巻き込まれるであろう。日本もアメリカの軍事基地を持っているため、北朝鮮から日本が攻撃される理由は十分にあるのである。

 

もし、トランプ大統領が北朝鮮を攻撃した場合、日本は3つのことをするように覚悟しなければならない。報復攻撃があった場合のアメリカへのサポート、北朝鮮に住んでいる日本の避難民とアメリカ人を助けること。そして北朝鮮の難民も助けることだ。これらの三つのことはとても重要で、日本政府による先進的な計画なしにはとても難しいのである。

 

このような意味で、もし戦争が朝鮮半島に起こったなら、日本は支える責任を心に刻まなければならない。結果的に、アメリカと中国がこの問題を解決するために協力していると思われる。たとえば中国が北朝鮮に食べ物、燃料、そのほかの必需品の輸出を止めたことである。なぜなら北朝鮮は中国との貿易に頼っているため北朝鮮は大いに苦しむのである。

 

もし経済的な崩壊があったら、北朝鮮はミサイル計画は続けることができないだろう。私たちはどのように北朝鮮が力を使い果たすかを見極め、待たなければならないだろう。うまくいけば、状況はよい方向に変わるだろう。

Tags:

Share on Facebook
Please reload