The Future of Japanese Education

February 1, 2018

 

 

(Japanese translation below)

 

The Japanese education system is going to make two big changes from 2020. One change is that the contents of the university entrance examination will become more complicated. The name of the current Center Examination will change to The University Entrance Common Examination, and the style of the examination will also change. In addition to these changes, some descriptive questions for Japanese language and math will also be included.

 

From now on children will be required to have the ability to think, to express themselves and to make judgements, and many adults think that these three skills will be very important for the future of Japan. So, we can imagine that Japanese education is in for some drastic revision. Another big change is that the English examination will consist of questions from TOEIC or Eiken tests. The current Center Examination only tests for reading and listening skills. The new test will test for all four skills—reading, listening, speaking and writing.

 

Finally, not only test scores, but also extracurricular activities, personality, qualifications and volunteer activities will become more important for entrance into university. Introducing this system will help to integrate school life more and everyone from children to older people will be happy to have high school students conduct volunteer and extracurricular activities. It is hoped that the Japanese educational revolution in 2020 will be able to bring good results to society.

 

 

日本の教育の未来 

工藤彰浩

 

日本の教育制度は2020年に向けて2つの大きな変化をしようとしている。一つ目の変化は大学入試の内容がより複雑になるということだ。現代のセンター試験の名前は大学入試共通テストに変わるだろうという事と、また試験の制度も変わるだろう。これらの変化に加えて、国語と数学に数問の記述式の問題も含まれるだろう。

 

これからの子供たちは、思考力、表現力、判断力を兼ね備えることが必要とされ、多くの大人たちはこれらの3つのスキルは日本の未来のためにとても重要であるだろうという事を考えなければならない。だから、私たちは日本の教育が大幅な修正がされることを想像することができる。

 

他の大きな変化は英語の試験がTOEICや英語検定の問題から成り立つだろうということだ。現代のセンター試験では読む力と聞く力のみ測ることができる。新しいテストでは4つのすべてのスキル、読む力、聞く力、話す力、書く力を測るだろう。最後に、テストの点数だけでなく、郊外活動や性格、資格やボランティア活動も大学に入学するために重要になるだろう。この制度を導入することは学校生活をより調和することの手助けとなるだろう。

  

そして子供たちから老人までみんな、高校生がボランティア活動や郊外活動を行うことによって幸せになるだろう。2020年の日本の教育改革が社会によい結果をもたらすことができるだろう事を願っています。

Share on Facebook
Please reload