Discover Vancouver, Canada

February 1, 2018

 

(Japanese translation below)

 

Everyone has heard of Vancouver. The Winter Olympic Games were held there in 2010. Mao Asada won the silver medal in figure skating and in 2017 Vancouver was chosen as one of the most livable cities in North America.

 

Vancouver has a population of 2.1 million, forming the third largest urban area in Canada. Canada is known as a country with many immigrants, and half of the population of Vancouver are from other countries. There are also many international students from Asia and South America. As a result, languages other than English can be heard throughout the city. The time difference between Vancouver and Japan is 16 hours, and the climate is similar to Hokkaido.

 

In the late nineteenth century, Vancouver began as a city from the settlement called Gastown in the corner of the present east side of downtown. People were leaving Vancouver due to deterioration of security for a while, but in recent years redevelopment has progressed by building new buildings and by renovating older structures into fashionable boutiques and restaurants along stone pavements. It has become a vibrant city again. There is a souvenir shop and a steam powered clock where tourists gather.

 

On the other hand, there are still many homeless people on the sidewalks begging for money. Vancouver has a mild temperature and homeless people come to Gastown from all over Canada.

English Bay is a highly recommended sightseeing spot. It’s on Beach Street on the west side near downtown. In summer, visitors sunbathe, read books, roller blade, cycle, skate board, and run marathons at English Bay Beach while local people can walk their dogs, making it a place of relaxation for citizens. Driftwood benches are lined up on the beach and many people relax there. As the sunset is beautiful, it’s recommend to go there in the afternoon.

 

The flight time from Japan to Vancouver is approximately 10 hours. The people are very kind and people of different races have a good relationship. Vancouver has many appealing aspects; the downtown where skyscrapers and towers reach up to the sky, the beaches and mountains, places where you can feel nature and sightseeing spots where many tourists visit.

 

 

バンクーバー

長田彩乃

 

   バンクーバーは誰もが聞いたことのある都市です。2010年には冬季オリンピックがそこで開催され、フィギアスケートの浅田真央選手が銀メダルを獲得しましたし、2017年には北米で最も住みやすい都市の一つに選ばれました。バンクーバーの人口は210万人で、カナダで3番目に大きな都市です。カナダは移民の国として有名で、バンクーバーの人口の半分は他の国からの移民です。また、アジアや南米の留学生も沢山います。その結果、市内では英語以外の言語が聞こえてきます。カナダと日本の時差は16時間で、気候は北海道に似ています。

 

   バンクーバーは19世紀後半に現在のダウンタウンの東側の角にあるガスタウンという定住地に端を発しています。一時は、治安の悪化により、人々はその地を去ってしまいましたが、近年では、新しい建物が建てられ、古い建造物が改装されて石畳の通り沿いにファッショナブルなブティックやレストランが立ち並ぶなどの再開発が進んで再び活気のある都市になりました。お土産屋や蒸気時計があり、観光客が集まります。

 

   でもその一方で、まだ多くのホームレスの人々が歩道で物乞いをしているのを見かけます。バンクーバーは気候が温暖なのでカナダ中からホームレスがガスタウンに集まるのです。お勧めの観光スポットはイングリッシュベイです。ダウンタウンの西側のビーチ通りにあり、ダウンタウンからも簡単に行くことができます。夏には、観光客が日光浴をしたり、本を読んだり、また、ローラーブレードやサイクリングやスケートボードをして楽しんだり、あるいはイングリッシュベイビーチでマラソンに参加したりします。一方、地元の人々は犬を散歩させたりして市民のための憩いの場にもなっています。流木のベンチがビーチに並び、多くの人がそこでリラックスしています。日没が美しいので、午後に行くことをお勧めします。

 

   日本からバンクーバーまでの飛行時間は約10時間です。人々はとても親切で、異なる人種の人々も良好な関係を築いています。 高層ビルや塔が並ぶダウンタウンばかりでなくビーチや山々もあり、自然を感じることができる場所や多くの観光客が訪れる観光スポットも多く、バンクーバーには沢山の魅力があります。

 

Share on Facebook
Please reload