Meals and nutrition for athletes

August 1, 2018

(Japanese translation below)

 

 

Meals are very important for people, but it is even more important for athletes to have meals and get nutrition. Eating has three meanings for athletes. First, it is effective to make a strong body. Second, it helps to bring out ones best performance. Third, it helps with the prevention and healing of injuries. There are three especially important types of nutrition.

 

One is sugar (carbohydrate). Sugar is a source of energy. Protein and fat also give energy. However, sugar has an immediate effect and it has good efficiency. Therefore, sugar is the main source of energy.

  

Another is protein. Protein is the main substance the body is made of. Muscle, skin, hair, internal organs and blood are made from protein. Protein is made from amino acid. When we use protein, we convert it into amino acid. There are twenty types of amino acids. There are amino acids which are stored in the liver.

  

Then it as synthesized again when the body needs some protein. There are nine types of essential amino acids. A balanced amount is important. Amino acid scores express the degree of essential amino acid’s balance in the protein. Eggs, milk, natto, young soybean pods, horse mackerel, bonito, pacific saury, yellowtail, pork, chicken and horse meat have good amino acid scores.

  

The third type is fat, which helps to absorb vitamin A, D and E. It becomes the nutrition for blood and cell membranes. Whereas sugar and protein make four calories, fat makes nine calories so fat is efficient energy but it takes time for it to be available. Also, when you take in fat, it is stored easily in your body.

  

Also, one very important thing for athletes is hydration. It is too late for athletes to drink water after getting thirsty. Athletes always have to stay hydrated at the cellular level. It takes the body 40 minutes to absorb water. So athletes have to drink some water before training and have to worry about staying hydrated during training.

  

You can play sports without doing all of this, but if you want to win and to be professional athlete, 

you should have good meals and nutrition.

 

 

アスリートのための食事と栄養

佐 藤吏

 

食事は人々にとってとても大切である。しかしアスリートにとっては食事と栄養を取ることはさらに重要である。アスリートにとって食べる事には3つの意味がある。1つ目は強い身体を作るのに効果的であること。2つ目は最高のパフォーマンスを引き出すこと。最後が怪我の予防と治療である。そして特に重要な3つの栄養がある。

 

1つは糖質(炭水化物)。糖質はエネルギーの源である。タンパク質や脂肪もエネルギーになるが、糖質は即効性と良い効率性を持っている。故に糖質は主なエネルギー源である。

 

もう1つはタンパク質。タンパク質は主に身体を作る材料である。筋肉、皮膚、髪の毛、内臓、血液などはタンパク質でできている。タンパク質はアミノ酸でできており私たちはタンパク質を使うときアミノ酸に分解している。アミノ酸には20種類あり、肝臓に蓄えられる。そして身体がタンパク質を必要としたとき再合成される。アミノ酸には9種類の必須アミノ酸がありそれらの量のバランスが重要である。アミノ酸スコアというのはアミノ酸のタンパク質の中の必須アミノ酸のバランスの度合いを表したものである。卵、牛乳、納豆、枝豆、アジ、カツオ、サンマ、ブリ、豚肉、鶏肉、馬肉などはアミノ酸スコアが高い食品である。

 

3つ目は脂肪。ビタミンA、D、Eの吸収を助けたり、血液や細胞膜の栄養になる。糖やたんぱく質は1グラムあたり4キロカロリーのエネルギーになるが脂肪は1グラムあたり9キロカロリーのエネルギーを生み出すので効率的なエネルギーである。しかし、脂肪は利用できるまでに時間がかかる。さらに取りすぎると体に蓄えられやすい。脂肪は有酸素運動に適したエネルギーである。

 

さらにアスリートにとってとても重要なことは水分補給である。喉が渇いてから水を飲んでも遅い。アスリートは常に細胞レベルで水分が満たされていなければならない。体は水分を吸収するのに40分かかる。だから、アスリートはトレーニング前にも水を飲まなければならないし、トレーニング中も水分補給を忘れてはいけない。これらのことをしなくても競技はできるが、もしあなたが試合で勝ちたいのなら、プロのアスリートになりたいのなら良い食事と栄養を取るべきである。

Share on Facebook
Please reload