Disney's Christopher Robin

January 1, 2019

 

(Japanese translation below)

 

Christopher Robin is a fantasy movie which opened in theaters on August 31, 2018 in America and September 14, 2018 in Japan. Director Marc Forster has directed many famous movies, such as Finding Neverland and 007 Quantum of Solace. Christopher Robin is played by Ewan Gordon McGregor. He is a British actor known for his role as Obi-Wan-Kenobi in Star Wars Episode 1 to 3. The voice of Pooh was played by Jim Cummings. He is an American voice actor known for his role of Winnie the Pooh.

 

This story takes place in present day London. Christopher Robin grew up and was living a busy life. He was planning to go to his hometown with his wife and daughter, but his plans were ruined because he had to work. Suddenly, Pooh appeared in front of him and asked him to help look for his friends in the forest. This movie depicts the appearance of Christopher Robin who had forgotten the importance of his childhood friends until his reunion with Pooh.

 

The origin of this movie was the book Winnie the Pooh, which was written by British writer A.A. Milne and published in 1926, and was later made into a film by the Walt Disney Company. The characters of Christopher Robin and Pooh were first introduced to this world in a poem by A.A. Milne entitled When We Were Very Young published in 1924. After that, a short edition of Winnie-the-Pooh, written by A. A. Milne for his son Christopher Robin was published in 1926 and is still regarded as one of the most popular children's books ever in history.

 

The characters appearing in the story are modeled after stuffed toys that his son Christopher Robin had, and Pooh and his friends Piglet, Tigger, Eeyore and Kangaroo stuffed animals are currently on display at the New York Public Library. This movie has many words of wisdom and Pooh will tell you the most important things. Everyone will enjoy this movie.

 

 

『プーと大人になった僕

松田 華恋

 

ファンタジー映画『プーと大人になった僕』が2018年8月31日にアメリカの映画館で、9月14日に日本の映画館で公開されました。この映画の監督であるマーク・フォースターは、『ネバーランド』や『007 慰めの報酬』などたくさんの有名な映画の監督をしてきました。主人公のクリストファー・ロビンを演じているのはユアン・ゴードン・マグレガーです。彼はイギリスの俳優で『スターウォーズ エピソード1~3』のオビ=ワン・ケノービ役で知られています。プーの声を演じているのはジム・カミングスです。彼はアメリカの声優で、くまのプーさん役で知られています。

 

 この話は現代のロンドンが舞台になっています。大人になったクリストファー・ロビンは、仕事中心の忙しい生活を送っています。彼は妻と娘と週末に故郷で過ごす予定でしたが、仕事のためその予定が潰れてしまいました。そんな中突然プーが目の前に現れ、森の中にいる仲間を見つけてほしいと助けを求められて、ストーリーが展開していきます。プーとの再会までに忘れかけていた大切なものを取り戻すクリストファー・ロビンの姿を描いた映画です。

 

 この映画の原作は、イギリスの作家A.A.ミルンによって書かれ1926年に出版された『クマのプーさん』で、その後、作品はウォルト・ディズニー・カンパニーによって映画化されました。クリストファー・ロビンとプーさんの両キャラクターがこの世に出たのは、1924年に出版されたA.A.ミルンの詩集『クリストファー・ロビンのうた』です。そしてその後、A.A.ミルンが息子のクリストファー・ロビンのために書いた短編集『クマのプーさん』が1926年に出版され、今も史上最も人気の高い児童書のひとつとされています。

 

 物語に登場するキャラクターは息子のクリストファー・ロビンが持っていたぬいぐるみがモデルになっており、現在ニューヨーク公立図書館にプーと仲間のピグレット、ティガー、イーヨーとカンガルーのぬいぐるみが展示されています。この映画はたくさんの名言があり、プーが大切なことを教えてくれます。皆さんもきっと楽しめるでしょう。

 

Share on Facebook
Please reload