Sapporo Factory Christmas tree lighting ceremony

January 1, 2019

 

 

(Japanese translation below)

 

On November 3, a lighting ceremony for the Christmas tree was held at Sapporo Factory. Sapporo Factory exhibits a huge Christmas tree and holds a lighting ceremony every year. This year’s lighting ceremony was held at 5 p.m.

 

About 5,500 people came to the lighting ceremony this year and filled the entire hall. The tree was lit by children chosen by the public, and when they pressed the switch, about 40,000 lights decorated on a 14 meter high Christmas tree were lit. This tree is a red pine donated from Hiroo Santa Land in the Town of Hiroo.

    

After the lighting ceremony, a live performance and a talk show was held. The live performance and talk show were held to support the reconstruction of the September 5 Hokkaido Eastern Iburi earthquake. The group Doberman Infinity also gave a live performance. One of the five members of the group is from Sapporo and he told a story of when he lived in Sapporo.

    

The Christmas tree is lit from November 3rd to December 25th. Music and light show times are held from 4 p.m. to 10 p.m. every hour for about five minutes every day. There is also a jumbo Santa Claus about three meters tall that runs up the chimney in the chimney square.

   

Many people come to the lighting ceremony every year, but this year it was very crowded because of the guest’s live performances and talk shows. The Atrium is not only illuminated with trees and you can enjoy the illumination while eating. In addition, the entrance of the adjacent brick building is also illuminated, so you can enjoy the illumination from the entrance. Of course you can also enjoy shopping there. How about spending your next Christmas Day at Sapporo Factory gazing at the illumination at the Christmas tree lighting ceremony?

 

 

ジャンボクリスマスツリー点灯式 in札幌ファクトリー

菊田 侑里

 

11月3日に札幌ファクトリーにて、ジャンボクリスマスツリーの点灯式が開催されました。このクリスマスツリーの点灯式は、毎年恒例のイベントとなっています。今年の点灯式は、夕方5時から行われました。今年の点灯式には約5,500人もの人が集まり会場全体を埋め尽くしていました。点灯式では、公募で選ばれた子供たちがスイッチを押すと、高さ14メートルのクリスマスツリーに飾り付けられた約4万個の電球が点灯しました。このツリーは広尾町のひろおサンタランドから寄贈されたトドマツが使われています。

 

点灯式の後には、ゲストによるミニライブとトークショーが行われました。このミニライブとトークショーは、9月5日に起こった北海道胆振東部地震の復興支援のために開催されました。ゲストには5人組グループのドーベルマンインフィニティが登場しました。メンバーの一人のSWAYは札幌出身で、トークショーでは札幌に住んでいたときのことを話していました。クリスマスツリーは、11月3日から12月25日まで点灯していました。音楽と光のショータイムは毎日16時から22時までの間、毎時00分から約5分間行われていました。また、煙突広場では約3mのジャンボサンタクロースが煙突を登っていました。

 

この点灯式には毎年多くの人が訪れますが、今年はゲストのミニライブとトークショーが点灯式後にあったため、アトリウム内はとても混んでいました。アトリウムでは、ツリーだけでなくアトリウム全体にイルミネーションされているので、食事をしながらイルミネーションを楽しむことができます。また、レンガ館入り口もイルミネーションされているので入り口からイルミネーションを楽しむことができます。もちろんショッピングも楽しむことができます。あなたもクリスマスは札幌ファクトリーのクリスマスツリーを見ながら過ごしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload