Historical Village of Hokkaido

August 1, 2019

(Japanese translation below)

 

The Historical Village of Hokkaido is located in Nopporo Shinrin Park. This is an open air museum which was built to celebrate the centennial of Hokkaido. The park opened in April 1983 and has buildings from the Meiji period to the early Showa period. The purpose of the park is to understand the life of those days and to experience it physically.

 

Various events are held there all year round. Carp streamers are displayed from April to May. In August, the Star Festival is held and participants can write wishes on a strip of paper and hang it on a bamboo leaf. In December you can experience Mochitsuki. This is making rice cakes in English.

 

There are more than 50 buildings in the village on 54.2 hectors. There are four areas. There is a farming village, a fishing village, a mountain village and a town. There are some houses and huts in the farming village and you can see architecture that is particular to Hokkaido. A ship and fishing implements are displayed in the fishing village. In this way, each area has its own purpose. There is a guided tour carried out by volunteers and they give explanations about the buildings in both Japanese and English, so tourists can enjoy it.

 

The opening dates and times are different each season. From May to September it is open every day from 9:00 a.m. to 5:00 p.m. From October to April it's open from 9:00 a.m. to 4:30 p.m. However, it’s closed on Mondays (except when Mondays are holidays it is closed on Tuesdays) and during the New Year (Dec. 29 – Jan. 3).

 

The fee for adults 15 to 64 is ¥800. The fee is ¥600 for university and high school students with an ID. Junior high students and younger, as well as persons 65 years or older, are free. Those with groups of 10 or more get a ¥100 discount per person.

 

Parking is free, or you can catch bus 22 from Shin-Sapporo Station. The bus costs ¥210 for adults and ¥110 for children. Get off at the last stop, which takes about 18 minutes from the station. For more information, please check the website below.

 

http://www.kaitaku.or.jp/en/en.htm

 

 

 

開拓の村について

樽井 華奈

 

野幌森林公園には「北海道開拓の村」があります。これは北海道開基百年を記念して開設された北海道で最初の野外博物館です。この開拓の村は1983年4月にオープンし、明治時代から昭和初期までの建築物でできています。この開拓の村の目的は当時の人々の生活を理解し、じかに経験することにあります。

 

開拓の村では一年を通して様々なイベントが行われています。4月から5月にかけて鯉のぼりが飾られます。8月には七夕祭りが行われ、参加者は短冊に願い事を書き、笹の葉に飾ることができます。12月にはもちつきを体験することができます。

 

開拓の村は54.2ヘクタールもの敷地面積を持っており、50棟以上の建物があります。また、村全体が4つの区域に分かれています。それは農村、漁村、山村、市街地です。農村郡には民家や小屋があり、北海道独特の建築様式を見ることができます。漁村には漁船と漁具が展示されています。このように、それぞれの地区は独自のテーマをもっているのです。村の中ではボランティアの人たちによって行われているガイドツアーがあり、建物について日本語と英吾で説明をしてくれますので、(外国人)観光客の人達も十分楽しめます。

 

開いている日時は季節によって異なります。5月から9月までは毎日午前9時から午後5時までです。10月から4月までは午前9時30分から4時30分までです。しかし、毎週月曜日(月曜日が休日の場合には火曜日)と年末・年始(12月29日から1月3日)は閉まっています。

 

入場料は15歳から64歳までの人は800円です。大学生や高校生は身分証明書を提示すると600円になります。中学生までの人と65歳以上の人は無料です。10人以上であれば1人100円割引を受けられます。駐車場は無料で、新札幌駅から22番のバスも利用できます。バス運賃は大人210円、子供110円です。終点で下車して徒歩18分程度です。更に詳しい情報は以下のウェブサイトをご覧ください。

 

http://www.kaitaku.or.jp/en/en.htm

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload