Heisei Era comes to an end

August 1, 2019

(Japanese Translation below)

 

The curtain fell on the 30-year-long Heisei era on April 30 and the new Reiwa era began on May 1. Let’s take a look back on the things that happened and evolved things during the Heisei era.

 

Probably the most important is that the Internet became indispensable. You can now search anything and connect to anyone on social network sites. In addition, anyone can do shopping online from their home, providing for people’s ease. The Internet has had a great influence on people’s life and work and has become ubiquitous.

 

 

Another change is that PCs have become lighter and lighter, with increasing capacity and the picture quality became sharper. There were only desktop computers at first, but now there are also laptop computers, so you can carry them and use them anywhere. These days, with the advent of the tablet, they are more compact, efficient and comfortable.

 

One more change is the phone. At the beginning of Heisei, the first mobile phones were machines where you could only talk. By the early 2000s analog changed to digital. With the advent of the Galapagos mobile phone, the screen was colored and you could watch TV, take pictures and it had a ringtone.

 

The 2010s saw the advent of the iPhone and of android smartphones. You could now operate your phone by touching the screen and also play games, watch videos, join social network sites, browse the Internet and more. Phones became very compact, useful and functional. These days, most people have a smartphone and they have become essential.

 

Finally, cars have become more economical and safe. Modern cars manufacturers have to be concerned with globalism and global warming, fuel shortages. Electric cars are now being developed, so they are becoming more energy efficient and environmentally-friendly. Soon cars will be able to drive automatically and detect people, so car accidents will decrease. Currently, the top three car companies in the world are Japanese.

 

Beside these things, game graphics and animation drawings have become very beautiful and many home appliances have become more functional. Many things changed rapidly during the Heisei era. All these began and evolved in Heisei. No one could have imagined how things would change in these 30 years. Heisei was a turbulent and innovative period. What changes can we expect during the new Reiwa era?

 

 

 

平成の進化

大高 拓真

 

30年間続いた平成が4月30日に幕を閉じ、5月1日に新しい時代である令和が幕を開けた。平成で起こった出来事や変化を振り返ってみよう。恐らく一番重要なことは、インターネットが欠かせないものになったことだろう。なんでも検索ができ、SNSによって誰とでも繋がることが出来る。更には、誰もがそれぞれの家からオンラインで買い物ができ、人々に便利さを与え続けている。インターネットは人々の生活や仕事に多大な影響を与え、それはどこにでも存在するようになった。

 

別の変化は、パソコンがますます軽くなり、容量の増加と共に、画質も鮮明になった。最初はデスクトップパソコンだけしかなかったが、今はノートパソコンもあり、どこでも持ち運び、使うことが出来る。今ではタブレットも出てきて、ノートパソコンよりも更にコンパクトで効率的で気楽に使えるようになった。

 

もう一つの変化は、携帯だ。平成の最初の携帯はただ話すことしかできない機械だった。2000年代初期にはアナログからデジタルへと変わった。ガラパゴス携帯が出現し、画面には色が付き、テレビを観たり、写真を撮ったり、着信音も鳴るようになった。2010年代にはiPhoneやandroidなどのスマートフォンが出現した。今や指で画面をタッチ操作でき、ゲームをしたり、動画を見たり、SNSやインターネットで検索も出来る。携帯はとてもコンパクトで便利で機能的になった。今ではほとんどの人がスマートフォンを所持しており、それは生活に必要不可欠なものとなっている。

 

最後に、車は更に便利で安全になった。現代の自動車メーカーは、グローバリズムや地球温暖化や燃料枯渇に関心を持たざるを得ない。電気自動車も発展しており、車はますます省エネルギーになり、環境に優しくなってきている。ほどなく車は全自動運転や人を探知したりすることが出来るようになり、車の事故は減るだろう。今では、日本の自動車会社は世界でトップ3の地位を占めている。

 

この他にもゲームのグラフィックやアニメの作画がとても綺麗になったり、多くの家電はより機能的になった。平成の間でたくさんのことが急速に変化した。これらすべては平成で始まったり、進化した。30年間でこんなに進化するとは誰も想像することが出来なかっただろう。平成は激動と革新の時代だった。令和ではどのような出来事が起こるのか楽しみだ。

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload