Farewell Hokkaido Gekidanshiki

August 1, 2019

(Japanese Translation Below)

The Hokkaido Gekidanshiki Theater was built in 1991 in Sapporo dating back to the stage production of Cats. This was the first privately operated theater in Sapporo and the start of the development of Gekidanshiki throughout Japan.

 

However, they closed the theater after the redevelopment of Sapporo Station in 1991. They staged 20 plays with over 1 million in attendance when they closed. A dedicated theater was built again in 2011.

 

However, that theater is now scheduled to close in March of 2020. The land where the theater is located is owned by the Takenaka Corporation and the contract has been terminated. The original contract was for five years until 2016 and was extended twice.

 

The musical for the final performance is the famous Little Mermaid. The powerful acting and the beautiful singing was overwhelming. Even when the curtain came down the applause did not stop. It was very impressive. The Hokkaido Gekidanshiki will remain in the hearts of fans for a lifetime.

 

 

北海道四季劇場

成田眞悟

 

北海道における劇団四季の専用劇場は、1991年(平成3年)に誕生した「キャッツ・シアター」にまで遡る。劇団四季の全国初の専用劇場として、その後全国各地に誕生する専用劇場の契機となったが、1999年の札幌駅の再開発に伴い、計20作品の上演100万人以上の動因をもって何かのまちがい。

  

それから2011年(平成23年)、劇団四季は再び北海道に専用劇場を復活させ、北海道初の常設劇場となる「北海道四季劇場」が誕生した。2020年3月(予定)をもって公演を終了することが決定している。この敷地は竹中工務店が所有しており、土地契約終了によってのことであった。

  

それでも、この契約は2016年(平成28年)までの5年間であったのが、期限を2度延長した。劇団四季の最終公演となる舞台は「リトルマーメイド」となった。彼らの迫力ある演技と美しい歌声には圧倒された。観客からの拍手は鳴りやむことなく、また場内の興奮は収まることはなかった。

 

 

 

 

 

Tags:

Share on Facebook
Please reload