• Tomoko Ishizuka

Miffy Café


(Japanese translation below)

Miffy Café was open for a limited time from Sept. 9 to Oct. 29 at PARCO Department Store. There was an original menu with Miffy motif and a special Sapporo limited menu. There was an area where you could take photos and buy original goods and limited edition goods and you could take commemorative photos with Miffy.

Miffy Café was also open for a limited time in Tokyo, Osaka, Nagoya and Fukuoka. The dishes at the cafe are Miffy’s tomato chicken curry, chicken schnitzel burger, pancakes, chiffon cake and mango parfait. The drink menu included fresh mint tea, cotton candy soda, Miffy Latte (hot or iced), hot coffee with waffles and hot tea with waffles.

There was a limited menu in each region. In Sapporo the limited menu was Miffy’s carrot doria and Miffy’s hide-and-seek Mont Blanc. The original goods included stuffed toys, masking tape, clear plastic folder sets, lunch tote bags, cross handkerchiefs and more. The edible goods were marshmallows, sponge cake, flavored tea, Matuzaki Japanese-style cookies and dorayaki.

Miffy is the main character of a picture book drawn by Netherlands designer Dick Bruna. The Dutch name is Nijntje, which is a short form of konijntje which means a little rabbit. Miffy is the English name. One day, Bruna saw a small white rabbit running through the garden at his family villa in Egmont aan Zee, a seaside village in the northern part of the Netherlands.

Nijntje was created in 1955. Nijntje became popular with children using simple lines and clear colors. In 1959 Bruna changed the texture of the picture and the shape of the book. He used red, blue, white, green and yellow as the colors called "Bruna Colors." In 1963 he reworked Nijntje and it was newly translated into various languages. The picture books of Nijntje is popular with all over the world and it has been translated into about 40 languages worldwide.

In Japan, it was translated by Momoko Ishii and published in 1964 as “Chiisana Usako Chan” and was received enthusiastically by many children. Early Nijntje drawings has the ear sideways and the character design is different from the current one. The ear design was revised in 1963 and after the revision the outline became elliptical and the ears were long and sharp, but with each change the ears and contours were rounded into the present form.

Miffy's ghost chiffon cake was delicious. Miffy’s face was on the carrot chiffon cake along with a small bear. Miffy’s TV show was shown throughout the cafe, and a stuffed Miffy doll sat in a chair. You could see Miffy dolls in various places in the café.

ミッフィーカフェ

石塚 智子

ミッフィーカフェはパルコで9月9日~10月29日まで期間限定でオープンしていました。ミッフィーがモチーフのオリジナルメニューや札幌限定メニューがありました。写真を撮るエリアがあったりオリジナルグッズや限定グッズを買えたり、記念にミッフィーと写真も撮れます。ミッフィーカフェは東京、大阪、名古屋、福岡でも期間限定で開催していました。

 ミッフィーはオランダのデザイナー、ディック・ブルーナによる絵本のメインキャラクターです。オランダでの名前は、ナインチェ(Nijntje)で小うさぎを意味するkonjinを短縮形にしたものです。ミッフィーは英語訳の名前です。ある日、ブルーナがオランダの北部の海辺の村、エグモンド・アーン・ゼーにある家族の別荘で小さな白うさぎが庭をかけまわるのを見て、その白うさぎからミッフィーが誕生しました。1955年のことです。

ナインチェはシンプルな線と明解な色彩で子供たちの支持を得ました。ブルーナは1959年に彼の絵のタッチや本の形を変えました。彼は、赤、青、白、緑、黄色を使い、これらが後に「ブルーナカラー」と呼ばれることになりました。さらに、1963年に新たにナインチェを描き直しました。さらに1963年に新たにナインチェを描き直しました。初期のナインチェは耳が横向きでしたが、この時に耳が立ったデザインになり、顔の輪郭も楕円形になりました。

ナインチェの絵本は世界約40ヶ国語に翻訳され、世界中で親しまれています。日本では、1964年に石井桃子により「小さなうさこちゃん」が出版され、多くの子供たちに支持を受けました。

 このように日本でも人気のミッフィーのカフェが、期間限定で札幌にもオープンしていたのです。料理はミッフィーのトマトチキンカレー、チキンシュニッチェルバーガー、パンケーキ、シフォンケーキ、マンゴーパフェがあります。飲み物はフレッシュミントティー、綿菓子ソーダ、ミッフィーラテ(ホット・アイス)、ワッフル付ホットコーヒー、ワッフル付ホットティーがあります。

開催地によって各地域限定メニューがあり、札幌の限定メニューは、ミッフィーの人参ドリアとミッフィーのかくれんぼモンブランです。また、このカフェで購入できるオリジナルグッズには、ぬいぐるみ、マスキングテープ、クリアファイルセット、ランチトートバッグ、クロスハンカチなど他にも色々ありました。食品はマシュマロ、スポンジケーキ、フレーバーティー、松崎せんべい、どらやきがあります。

 私は、ミッフィーのおばけシフォンケーキを食べたのですが、美味しかったです。人参のシフォンケーキの上にミッフィーの顔があり小さなクマもついてきました。カフェではミッフィーのテレビが流れていたり、椅子の上にミッフィーのぬいぐるみが置いてありました。カフェの様々な場所でミッフィーのぬいぐるみを見ることができました。

#Food

22 views