• Iguchi Kengo

The Fast and the Furious 8: The Fate and the Furious


(Japanese translation below)

The eighth installment of The Fast and the Furious series, The Fate and the Furious, which is called Wild Speed: Ice Break in Japan, opened in Japanese theaters on April 28, 2017.

Since its opening in the U.S. on April 14, 2017, it has grossed about $98.78 million at the box office in its first three days. After that, it made about $1.2 billion worldwide. This makes it the12th highest grossing film in history.

The Fast and the Furious series began in 2000. All of films were a big hit, but this film was the biggest. There are two reasons for this: First, the featured actors were Vin Diesel as Dominic Toretto and Paul Walker as Brian O’Conner.

This is an action movie series, so there are a lot of car chase scenes. Tragically, Paul Walker died in an accident in 2013 after filming The Fast and the Furious 7, so the next film received much attention. The second reason is that Dominic, although he treasures his friends and family, seems to betray them in the previews released before the films theatrical release.

There were memorable scenes in this film. One was where Dominic "Dom" Toretto and Letty Ortiz are on their honeymoon in Havana. Dom is approached by the elusive cyber terrorist Cipher, who coerces him into working for her because she revealed that she is holding Dom's ex-lover and DSS agent Elena Neves and their son hostage.

Another memorable scene was when the team intercepts Dom after he steals the nuclear football, but Dom escapes, shooting and apparently killing Deckard in the process. Most people say that this was the best film in the series. If you enjoyed the previews of this film, you won’t be disappoint. If you haven’t seen them, then you should watch the all of the previous films before seeing the newest one.

『ワイルドスピード:Ice Break』

井口 拳吾

ワイルドスピードシリーズの第8作、『ワイルドスピード:アイスブレイク』が2017年4月28日に全国公開となった。2017年4月14日にアメリカで公開されてから、本作は週末の全米興行収入ランキング初登場1位を獲得し、週末3日間で約9878万ドル(約107億円)の売り上げを国内で記録。全世界興収は約11億6220万ドルを記録し、歴代12位になった。

ワイルドスピードシリーズが始まった2000年以来、すべての作品が大ヒットを記録してきたが、今回の作品が一番ヒットした。それには大きく二つの理由がある。まず1つは、このワイルドスピードシリーズはドミニク・トレットを演じるヴィン・ディーゼルと、ブライアン・オコナーを演じるポール・ウォーカーの二人が主演をしていたが、ウォーカーが2013年に『ワイルドスピード:スカイミッション』撮影中の事故で亡くなってしまった。そのため、主演の一人が欠けてしまう次の作品はどうなるのかという注目を浴びた。二つ目は、主人公のドミニクは友や家族をとても重んじる人物であったが、作品公開前の公開映像でドミニクが仲間を裏切るという動画が公開され、その内容が注目を浴びたのである。

実際に映画を見て印象に残っているのは、ドミニクと彼のドミニクの妻であるレティがバハマにハネムーンに来ている場面である。この時にサイバーテロリストのサイファーがドミニクと接触し、後に彼が彼女の手下になった。その理由がドミニクの愛人であったエレナが人質に取られていたからであった。

この作品を見た人たちに聞いてみると、多く人が今回の作品が今までのシリーズの中で一番面白かったと言う。そしてこれまでの同シリーズを知らずにこの作品を見ても十分に面白いと思うが、今までの作品をすべて見て今回の作品を見るとさまざまな背景もわかってなお面白いだろう。

#Entertainment #Review

0 views