top of page
  • Writer's picturePhillip Radcliffe

Amazing Trick Art

(Japanese translation below)


By Kazuho Otake

Have you ever heard of Trick Art? Trick Art provides the illusion of height and depth using various techniques. It is a form of entertainment that can surprise and amuse. This is an art form where you can experience wonder. By the way, do you know how long Trick Art has been around? Actually, it dates back to ancient Greece.


Trick Art has its origins in the trompe l’oeil technique. Trompe l’oeil is French for “to deceive the eye, to create an illusion”, this is a technique in which the eye is tricked into believing that the object depicted is real, and the eye is fooled into thinking it is actually there. The purpose of this technique (Trompe l’oeil) is that it was used not only for the enjoyment of the unexpected, but also as a major prop to express itself in a limited space. The Japanese artist Kenju Kazumura adopted this technique. He is the founder of Trick Art.


He is also a well-known manager. The first trick art museum, “Nasu Toric Art Pia” opened in 1992. That museum continued to grow, with the opening of the new “Angel's Crown Museum” in 1994 and the “Michelangelo Pavilion” in 1997. Moreover, this entertainment park is one of the largest in Japan in terms of site area and number of artworks.


Furthermore, visitors can not only enjoy trick art but also solve riddles. This theme park is located in Nasu-cho, Nasu-gun, Tochigi Prefecture. If you are ever in the vicinity, you should visit there at least once.


Finally, let’s look at some representative artists who have applied trick art techniques. M.C. Escher is the most famous person in the trick art world. His most famous work is a painting called Waterfall. The attraction of this work is in the way the water flows, and if you follow it with your eyes, you will find yourself in a state of confusion. It feels very strange, but the first time you see it, the shock will be great. If you are interested in M.C Escher’s art, you should visit his museum, which is located at Lange Voorhout 74, 2514 EH Den Haag, the Netherlands.



トリックアート

大竹 一帆


あなたはトリックアートを聞いたことがありますか?トリックアートは様々な技術を使って高さや奥行きを錯覚させる効果がある。そして、それは驚きと楽しさを与えるエンターテイメントの一種だ。これは驚きを体験できる新しいアートなのだ。ところで、トリックアートはいつ頃からあるのかご存知でしょうか? 実を言ってしまうと、その起源は古代ギリシャまで遡る。


トリックアートの起源は「trompe l’oeil」という技法にある。トロンプルイユとはフランス語で「目を欺く、錯覚を起こす」という意味で、繊細な描写で描かれた物体を本物だと錯覚させ、実際そこにあるかのように目を騙す技法だ。この技法の目的はただ意外性を楽しむだけではなく、限られた空間の中で表現するための大きな小道具としても使われていた。その後、日本人アーティストである剣重和宗がこの技法を加えた。彼こそがトリックアートの創始者なのだ。

彼は有名な経営者でもある。1992年に初のトリックアート美術館「那須トリックアートピア」がオープン。1994年には「天使の冠美術館」、1997年には「ミケランジェロ館」がオープンするなど、美術館は成長を続けた。日本最大級の敷地面積と作品数を誇り、トリックアートだけではなく、謎解きも楽しむことができる。このテーマパークは栃木県那須郡那須町に位置している。もし、近くを通ったなら、少なくとも一度は訪れるべきだ。


最後に、トリックアートの手法を応用した代表的なアーティストを紹介しよう。M.C エッシャーはトリックアート界で最も有名な人物だ。彼の最も有名な作品は「滝」と呼ばれる絵画である。この作品の魅力は水の流れにあり、それを目で追っていると混乱に陥ってしまう。とても不思議な感じがするが、初めて見た時の衝撃は大きいことだろう。M.Cエッシャーの芸術に興味があるなら、オランダのデン・ハーグ市のフォールハウト広場 Lange Voorhout 74, 2514 EH Den Haag, The Netherlands という町にある彼の美術館を訪れるべきである。


3 views

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page