• Yuri Kikuta

PIXAR Adventure in Sapporo


(Japanese translation below)

The Pixar Adventure Exhibition was held at the Sapporo Convention Center from April 28 to May 7, and was open every day from 10 a.m. to 5 p.m. The ticket price was ¥1,200 for adults (junior high school students and above) and ¥600 for children (4 years to elementary school). The advance price was ¥1,000 for adults and ¥500 for children.

The theme of this exhibition was the world of adventure starts with “What if.” It was an experiential exhibition where you can enter and enjoy in the Disney Pixar movie world. In this exhibition you are able to experience the world of four Disney / Pixar movies.

In the Toy Story area you can enter the world of Woody and Buzz. In the Monsters, Inc. area you can meet monsters when you open the door. In the Finding Nemo area you can chase after the shark Blues, enter the pelican Nigel's mouth, and experience Blues chasing you in the sea. In the Cars area you can take pictures with McQueen, Meters and Carrera with the city Radiator Springs in the background.

Besides being held in Sapporo, the Pixar Adventure Exhibition was also held in Sendai, Tokyo, Fukuoka, Nagoya, and Osaka. More than 250,000 people went to the exhibition. The exhibition was very crowded as it was held during Golden week. There was no prohibition against taking pictures in the venue, so everyone took pictures in the four areas. Although the venue was not very big, you could see everything in about an hour if it was not crowded.

Many Disney / Pixar related items were on sale. Those items are sold only at the PIXAR Adventure. The items included tote bags, backpacks, mugs, pouches, key holders and so on, and they were all cute. If you ever get a chance to go to the Pixar Adventure exhibition sometime in the future, you won’t regret it.

ピクザーアドベンチャーが札幌へ来た

菊田 侑里

4月28日から5月7日まで、札幌コンベンションセンターにてピクサー展が開催されました。このピクサー展は期間中、午前10時から午後5時まで開場しており、入場料は大人(中学生以上)1,200円、子供(4歳~小学生)600円で入場することができます。また、前売り券も販売しており、大人1,000円、子供500円で購入できます。

今回のピクサー展のテーマは、『もしも』から始まる、冒険の世界」です。この『もしも』をテーマに、ディズニー・ピクサー映画の世界に入り込で楽しむことができる「体験型」の企画です。トイストーリーのエリアでは、ウッディやバズの仲間となって、物語の世界を振り返ることができます。モンスターズインクのエリアでは、扉を開けて、モンスターたちの世界を覗き込むことができます。

ファインディングニモのエリアでは、サメのブルースに追いかけられたリ、ペリカンのナイジェルの口の中に入ることができます。カーズのエリアでは、マックィーンやメーター、カレラたちと一緒に彼らが住む街のラジェーター・スプリングスをバックに写真を撮ることができます。この展示会は札幌だけでなく、仙台、東京、福岡、名古屋、大阪の6都市で開催されました。来場客数は累計25万人以上を動員しました。

今回札幌での開催がゴールデンウィーク期間中のため、とても混雑しており、会場に入るのにもかなりの待ち時間がありました。会場内は一部で写真撮影ができない場所がありましたが、ほとんどの場所で写真撮影ができ、それぞれ4つのエリアで撮影ができました。会場はあまり広くはなく、混雑していなければ約1時間程ですべて見て回れる広さでした。

会場では多くのディズニー・ピクサーのグッズも販売していました。また、会場限定のトートバッグ、リュックサック、マグカップ、ポーチ、キーホルダーもありました。どれもとてもかわいかったです。もしこのピクサー展に行く機会があればぜひ行ってみてください。

#Event #Entertainment

17 views