• Shingo Narita

A Human-Chimpanzee Hybrid?

(Japanese translation below)


By Shingo Narita


Do you know the chimpanzee named Oliver who came to Japan on July 15, 1976? He is different from a normal chimpanzee. His face was white, he had little hair on his head, and his ears had a distinctive pointed shape. Also, he walked on two legs without bending his knees. He also liked beer and coffee and could smoke. These clearly show different characteristics from other monkeys.


However, because of these strange features, Oliver was examined more scientifically in the U.S. The examination looked at his chromosomes. Humans have 46 chromosomes and chimpanzees shave 48 chromosomes. Oliver was confirmed to have 47 chromosomes. In other words, he seemed to be a hybrid of a human and a chimpanzee, but what exactly is the truth?


After the U.S, Dr. Momoki Hirai at the National Institute of Radiological Sciences conducted a culture test on Oliver's leukocytes, a type of blood cell made in the bone marrow, and found that he had 48 chromosomes, the same as chimpanzees. After the examination, Oliver walked on all fours with the back of his hand naturally on the ground. Apparently, walking on two legs seems to be the result of training.


From 1977 to 1989 Oliver was used as an attraction at different locations. From 1989 to1998 he was bought by a scientific and cosmetic testing company where he was confined to a small cage. In 1998 he was transferred to a primate shelter and sanctuary. Oliver spent the rest of his life in this animal shelter.


Oliver died at the age of 55 on June 2, 2012. When he died, his girlfriend named Raisin was next to him. Currently, broadcasting such things on television is prohibited, but it was very popular in the past. That is why we should cherish and protect nature, including animals.



人間とチンパンジーの混血種「ヒューマンジー」

成田 眞悟


皆さんはご存じだろうか。1976年7月15日に「オリバー」と呼ばれるチンパンジーが来日した。彼は普通のサルとは違い削除、顔の色が白く、毛も少なく、耳は上に尖った特徴的な形をしており、ひざを曲げることなく二本足で歩くことができた。またビールやコーヒーが好きで、タバコも吸うことができた。改行しないは明らかに他のサルとは違う特徴を示している。


しかし、こういった外見的な特徴だけでなく、より科学的な方法でオリバーが検査されたことがある。検査では彼の染色体が調べられ、ヒトの46本、チンパンジーの48本の中間である、“47本”の染色体を持っていることが確認された。つまりオリバーは、正真正銘、ヒトとサルの混血種だったのである。オリバーは1976年に一躍有名となった謎の生物である。当時は人とサルの混血種だとも言われたが、はたしてその真相は一体どうなっているのだろうか。


当時、オリバーはアメリカでの検査にて、染色体の数が人間とチンパンジーの中間にあたる“47本”という結果が出たとされる。しかし、放射線医学総合研究所の平井百樹研究員(細胞遺伝学)がオリバーの白血球の培養検査を行い、染色体の数がチンパンジーと同じ48本であることを突き止めている。検査が終わった後にオリバーは、ごく自然に手の甲を地面につけて4本足で歩いたという。どうやら2本足で歩けたのは訓練の結果らしい。


結局のところオリバーは「人間とチンパンジーの混血種」と謳われて人間のみせものとなっていたのだった。オリバーは、この動物保護施設で平穏に余生を過ごすことになる。2012年6月2日に死去。享年55。最期のときは、かたわらにレーズンという名のガールフレンドがいたという。マスメディアに取り上げるだけで禁止となっているが, 当時はこのような加熱した番組が流行っていた。今では考えられないことだが、今だからこそ動物を含め自然もっと大切にするべきなのである。

5 views