• SU Youth Forum News

Malicious Posts on the Internet

Updated: Sep 16

By Sachi Komuro

(Japanese translation below.)

On the net you can learn various information and talk with many people. but not everything is good. Sometimes it’s horrible and drives people to suicide. It is a tool that can easily injure people just by making a mistake.

Recently, the number of people who use the Internet is increasing rapidly, and there are few people who do not have a personal computer, smartphone or mobile phone. They can easily communicate and see Social Network Sites (SNS) by using the Internet.


But everything has become so easy that there are many problems. For example, it's hard to interpret the other person's emotions because they don't talk face to face, and it’s easy to say bad things because anyone can send messages to the other party anonymously.

These things can cause a lot of problems, or even hurt someone without realizing it, making them feel sad. Also, anyone can send anonymous messages, so anyone can send many malicious messages at one time and drive the other person crazy. This is a big problem nowadays, and recently there is more news about malicious messages on the Internet. This problem is increasing not only in Japan but also overseas.

Before this, Hana Kimura, a member of the popular program "Terrace House" committed suicide due to slander. She committed suicide after suffering from over 100 malicious messages a day. In Korea, too, many idols committed suicide due to slander. This problem is increasing not only in Japan, but also abroad. Therefore, many people are now moving to review the Internet environment.

It is expected that countries around the world will start implementing measures to reduce the number of victims of slander and hopefully these new measures will be successful. It is important for each one of us to follow and net etiquette and use SNS responsibly. It is important not only on the Internet, but also in everyday life to act with consideration for the feelings of the other person. But we should especially be more careful when using the Internet.



インターネットの悪質な投稿

小室 さち

ネット上では、さまざまな情報を学んだり、たくさんの人と話をする事ができます。 しかし、すべてが良いわけではありません。 時にはそれは恐ろしいこともあり、人々を自殺にまで陥らせてしまいます。 使い方を間違えるだけで簡単に人を傷つけてしまえるのです。

近年、インターネットを利用する人が急増しており、パソコンやスマートフォン、携帯電話を持たない人はほとんどいません。 インターネットを利用することで、簡単にコミュニケーションやSNSの閲覧ができます。 しかし、すべてがとても簡単になったため多くの問題があります。 たとえば、相手と顔を合わせて話さないため、相手の感情を解釈することがとても困難です。また、誰もが匿名で相手にメッセージを送信できるため、悪いことを言うのも簡単です。

これらのことは多くの問題を引き起こしたり、気づかずに誰かを傷つけたりして、人々を悲しませます。 また、誰でも匿名メッセージを送信できるため、一度に多くの悪意のあるメッセージを送信し、相手を傷つけることが出来てしまいます。 これは最近では大きな問題であり、インターネット上に悪意のあるメッセージに関するニュースが増えています。 この問題は国内だけでなく海外でも増加しています。

先日、人気番組 『テラスハウス』に出演した木村花さんは中傷のために自殺しました。 彼女は1日に100件を超える悪意のあるメッセージに苦しんで自殺したのです。 韓国でも多くの芸能人の方々が中傷で自殺しました。 そのため、多くの人がインターネット環境を見直す動きを見せています。

したがって、世界各国が中傷の犠牲者を減らすための対策実施を検討しはじめており、これらの新しい対策が成功することが期待されいます。 一人ひとりがネットのマナーを守り、責任を持ってSNSを利用することが大切です。インターネットだけでなく、日常生活においても相手の気持ちに配慮して行動することは大切です。 ただしインターネットの取り扱いはさらに注意を払いましょう。

19 views