• Haruka Murakami

Ojamajo Doremi Special Event

(Japanese translation below)


By Haruka Murakami

Ojamajo Doremi was broadcast on Asahi TV between February 1999 and January 2003. It was created by Toei Animation and is anime at female. This story is about five elementary school girls who make their dreams come true and are able to confront the difficulties of daily life. They transform into witches and chant spells. Doremi Harukaze is the one of the girls.


She is a key person of the story. She wanted to be a witch since preschool. Her dream was at get confidence through magic to tell a boy that she liked him. She is a cheerful and curious character. So, she takes good care of many troubles for people. Her many friends and classmates develop through their contact with her.


This animation describes the real world of people. For example, puberty and friendship, love and so on. Thanks to the scripts, this animation has been a huge hit among young people. Also, they use witch broom sticks and their clothes became a popular commodity. In addition, the company produced two films and original video animations. There are novels released at the end of show is finally. In the novels they become writes they became high school students or member of society.


A special animation event was held at Sapporo Cinema Frontier on July5. The event was sponsored by Ojamajo Doremi to celebrate its 20th anniversary. The general admission fee was ¥3,000. Three hundred and sixty people were invited.


Five voice actors and an animation director took the platform on stage. They talked about various stories for a long time. For instance, they showed scenes from the show and gave readings from book. Also, animation staff members talked about new movies that will be shown next year. The new movies should be enjoyable regardless of gender.



『おジャ魔女どれみ』

村上 明香


「おジャ魔女どれみ」は1999年2月から2003年の1月まで、テレビ朝日で放送されていました。これは女の子のアニメとして、東映アニメーションが制作しました。5人の小学生の女の子達が自分たちの夢を叶えるのと、日常の困難に立ち向かうお話です。彼女たちは魔女に変身し、呪文を唱えます。春風どれみも、その1人です。


どれみは、この物語の重要な人物です。彼女は幼稚園の頃から、魔女になりたいと思っていました。自分が好きな男の子に告白する勇気がほしいので、彼女は魔女になりました。性格は明るくて活発で、好奇心旺盛です。また多くの困っている人達を手助けします。なので、友達や同級生は彼女と触れ合うことで、色々と変わっていきます。


このアニメは、お話を現実的に描くのが上手いです。例えば思春期や友情、恋などです。この脚本のおかげで、アニメは若い人達の間で爆発的にヒットしました。またどれみたちが使用している箒や魔女服も、商品化されました。これも若者の間でヒットしました。加えて東映アニメーションは、2つの映画とOVAを制作しました。アニメ放送後、小説も発売されました。これはどれみ達が高校生や社会人になった頃の話が描かれています。


7月5日に札幌シネマフロンティアで、特別なアニメイベントが行われました。これは「おジャ魔女どれみ」がデビューから20周年を記念して開かれました。一般料金は3,000円で、360人が招かれました。


5人の声優とアニメ監督が舞台に登壇しました。彼らは長い時間、いろいろな話をしました。アニメを映画館で映し、台本を朗読しました。また数名のアニメスタッフは、来年公開される新しい映画の話もしました。この映画は、年齢や性別に関係なく楽しめる作品になるでしょう。

4 views