top of page
  • Writer's picturePhillip Radcliffe

Shiretoko, Hokkaido

(Japanese Translation below)

By Asahi Suzuki


Hokkaido has many places rich in nature. Among them, Shiretoko is one of the most beautiful places. It is a peninsula located in eastern Hokkaido. No roads lead further than about three fourths up the peninsula. The northern tip can only be viewed by boat or be reached on multi-day trekking tours.  A lot of tourists visit there every year. 


Shiretoko was formed about 8.6 million years ago by submarine volcanic activity. Over the years, the area has continued to be developed and is now one of Hokkaido's most popular tourist attractions. Shiretoko means "the farthest land" in the Ainu language. Shiretoko was selected as a World Natural Heritage site on July 17, 2005. The area became the 13th World Heritage Site in Japan. At the time, this news was talked about by people all over Japan.


Shiretoko National Park occupies most of Shiretoko. This is one of Japan’s most beautiful and unspoiled national parks. Shiretoko has several marine and terrestrial species, which include a number of endangered and endemic species. Bears, deer, and foxes are especially abundant, and you can see many different animals just by walking around. Anyone who is not familiar with seeing wild animals will find it exciting.


You can enjoy a variety of outdoor experiences there. For example, there is trekking and sea kayaking. Trekking allows you to walk through the forest, feel nature, and view the ocean from the cliffs. As for sea kayaking, people can watch the sunset over the ocean from their kayaks. In addition, drift ice can be viewed from a ship in winter. Shiretoko National Park is a fantastic place where you can forget your daily life. You should visit there when you are feeling tired or want to refresh yourself.



北海道の知床

鈴木 朝陽


北海道にはたくさんの緑豊かな場所がある。その中でも、知床は最も美しい場所の一つである。知床は北海道東部に位置する半島である。道路は半島の4分の3ほどしか通っていない。北端には船で行くか、数日間のトレッキングツアーで行くかしか方法はない。毎年ここにはたくさんの観光客が訪れている。


知床は、約860万年前に海底火山活動によって形成された。長い年月をかけて発展していき、現在では北海道を代表する観光地の一つとなっている。知床はアイヌ語で「最果ての地」という意味がある。2005年7月17日に、知床は世界自然遺産に選ばれた。日本で13番目の世界遺産となった。当時、このニュースは日本中で話題になった。


知床の大部分は知床国立公園が占めている。ここは日本で最も美しく、人の手がついていない自然が残る国立公園のひとつである。知床には、絶滅危惧種や固有種を含む、数多くの海洋生物や陸生生物が生息している。特にクマ、シカ、キツネが多く、歩いているだけで様々な動物を見ることができる。野生動物を普段見慣れない人なら、誰でも興奮することだろう。


そこではさまざまなアウトドア体験を楽しむことができる。例えば、トレッキングやシーカヤックなどがある。トレッキングでは森の中を歩き、自然を感じ、崖から海を眺めることができる。シーカヤックでは、カヤックから海に沈む夕日を眺めることができる。また、冬には流氷を船上から眺めることもできる。


知床国立公園は、日常を忘れさせてくれる素晴らしい場所だ。疲れたとき、リフレッシュしたいときにぜひ訪れてほしい。 

11 views

Recent Posts

See All

Opmerkingen


bottom of page