• SU Youth Forum News

Soft Tennis

Updated: Sep 29

By Kyohei Yamato

(Japanese translation below.)

What do you think of when you think of tennis? Most people imagine a hard, yellow ball because many people don't know soft tennis. Soft tennis is not well known all over the world, but it is very popular in Asia.


Soft tennis uses the same size court as hard tennis and uses similar shaped rackets, but it’s unique point as a racket sport is that it has developed as a competition centered on doubles. The professionalism of the position became higher in the process because of this.


In recent years, however, all-round play has mainly evolved from overseas and it has continued to diversify. In the 1970s, softball tennis was the most popular sport in middle and high school. Currently, there are approximately 600,000 registered athletes in Japan. The Japan Soft Tennis Federation also estimates that there are about 7 million enthusiasts.


However, it is also true that, in general and in the consciousness of connoisseurs, there is a very strong sense of soft tennis as a minor sport. The reasons for this can be attributed to the fact that it is not an Olympic sport, it has lacked professional players in Japan for a long time, it is perceived as mainly a school sport (junior high and high school), and it is overshadowed by the influence of hardball tennis and lawn tennis, which have rapidly become popular in Japan since the 1980s.


In order to participate in the Japan Soft Tennis Federation's tournaments-or equivalent-in Japan, you must have the following basic requirements: official equipment must be used in the tournament and must be certified by the Japan Soft Tennis Federation (official equipment includes rackets, racket strings, balls, and uniforms, and shoes.


As for the rackets, the end of the rod-shaped grip must be looped, and the string must be stretched across the entire frame. It should be about 70 cm long and weigh between 200 to 320 grams. Also, unlike hardball rackets, soft tennis rackets have a regular octagonal grip and are not as heavy as hardball rackets. The difference is that a soft ball tennis racket shaft is longer.


The ball should be made of an air-filled rubber ball. As a rule, they are white or yellow in color, 6.6 centimeters in diameter, and weigh between 30 and 31 grams. In the court, the lower end of the ball is dropped from a height of 1.5 meters and the ball is 70-80 A centimeter-bound one.


The Japan Soft Tennis Federation defines the standards for soft tennis courts as follows.

  1. It shall be a rectangle 23.77 meters long and 10.97 meters wide, with a boundary outside the line of demarcation, bisecting the center with a net supported by a net post.

  2. As a rule, the lines of the court should be white and not less than 5 cm and not more than 6 cm in width. However, the width of the baseline must be at least 5 cm but not more than 10 cm.

  3. The height of the net post is 1.07 meters. The height of the net is 1.07 meters. When this is stretched, the net is 1.07 meters above the sideline, and it must be stretched horizontally.

Soft tennis is a sport that is only played in Asia. Why don't you give it a try and spread the word about soft tennis?



ソフトテニス

大和 京平


皆さんはテニスといえば何を思い浮かべますか?ソフトテニスを知らない人が多いので、ほとんどの人が硬くて黄色いボールを想像します。ソフトテニスは世界中ではあまり知られていませんが、アジアではとても人気があります。


まず、ソフトテニスは硬式テニスと同じ大きさのコートを使用し、似たような形のラケットを使用しますが、ダブルスを中心とした競技として発展してきたのがラケットスポーツとしての特徴的なポイントです。そのため、その過程でポジションのプロ意識が高くなりました。しかし、近年では海外を中心にオールラウンドプレーが進化し、多様化が続いています。1970年代には、中学・高校ではソフトテニスが盛んに行われていました。現在、日本には約60万人の選手が登録しています。日本ソフトテニス連盟も約700万人の愛好者がいると推定しています。


しかし、一般的に、また愛好家の意識の中では、ソフトテニスはマイナースポーツとしての意識が非常に強いのも事実です。その理由としては、オリンピック種目ではないこと、日本では長らくプロ選手がいないこと、学校のスポーツ(中学・高校)としての認識が強いこと、1980年代以降急速に普及した硬式テニスや芝生テニスの影響で影が薄いことなどが考えられます。


日本ソフトテニス連盟の大会(またはそれに準ずる大会)に参加するためには、以下の基本的な条件を満たしている必要があります。大会で使用する公式用具が日本ソフトテニス連盟の認定を受けたものであること(公式用具とは、ラケット、ラケットストリング、ボール、ユニフォーム、シューズなどのこと)。


ラケットについては、棒状のグリップの端がループ状になっていて、フレーム全体に紐が張られていること。 長さは70cm程度で、重さは200〜320g程度であること。また、軟式テニスラケットは硬式ラケットとは異なり、グリップが正八角形になっており、硬式ラケットほど重くありません。違いは、軟式テニスラケットのシャフトの方が長いことです。ボールは、空気の入ったゴムボールを使用します。原則として、色は白色または黄色、直径6.6cm、重さは30~31gのものを使用します。1.5mの高さからボールの下端を落とし、コートでは70~80aのセンチバウンドのものを使用します。


日本ソフトテニス連盟は、ソフトテニスコートの基準を次のように定めています。

長さ23.77メートル、幅10.97メートルの長方形で、境界線を境界線の外側にして、ネットポストに支えられたネットで中央を二等分したものとする。

コートの線は、原則として白色とし、幅5cm以上6cm以下とする。ただし、ベースラインの幅は5cm以上10cm以下とする。


ネットポストの高さは1.07メートルとする。ネットの高さは1.07メートルです。これを張った場合、ネットはサイドラインより1.07メートル上にあり、横方向に張っていること。


結論から言うと、ソフトテニスはアジアでしか行われていない競技です。あなたもプレイしてソフトテニスを広めませんか?