top of page
  • Writer's picturePhillip Radcliffe

New Chitose Airport

(Japanese translation below)


By Yuji Hashiba

There is a place where many tourists who visit Hokkaido get an impulse to stay longer than they had anticipated. The place is New Chitose Airport, which is located between Chitose and Tomakomai and is called the gateway to Hokkaido. Most people think of an airport as just a stopover and there is no need to stay long. Rather, they imagine staying longer there means delays or missing a flight. New Chitose Airport is an airport that goes against this thinking. When you learn about the many attractions of this airport, you will absolutely want to go.


First of all, about the food. Hokkaido is famous for its fresh seafood, dairy products, miso ramen and soup curry. There is a place called Gourmet World on the third floor of the airport. Gourmet World is divided into three main areas.


The first is a restaurant arcade designed to replicate a street with tram tracks. You can find a row of traditional Japanese style food stalls there and you can enjoy eating at an Izakaya, a sushi restaurant, a soup curry shop, and so on. This area is popular with both domestic and international visitors.


The second area is the food court, but it is not just any food court. What makes this place special is the view of the airplanes. Since this space faces an observation area, you can eat while watching the planes take off and land. It is a very popular place for both adults and children to enjoy.


The last area is called Shopping World. There, you can buy souvenirs from Hokkaido’s leading confectionery stores like Royce, LeTAO, and Ryugetsu. When it comes to Royce, its chocolate factory is in this area, so customers can observe the work process through glass windows. You also have to check out the many souvenirs only available in New Chitose Airport. With so many restaurants and shops, you must be hesitant about what to eat and buy.


The second attraction of this airport is its entertainment venues. One of these features is the variety of ways to spend time, not only dining and shopping. There are many facilities that are rarely found in other airports, such as hot springs, movie theaters, and museums. In particular, this airport is the first in Japan to have a hot spring and a movie theater. Thanks to these facilities, travelers can heal their tired body.


As for the museum, it’s divided into two sections, the Airport History Museum, which focuses on the history of airplanes and New Chitose Airport, and the Sky Museum, which has a hand-on facility about the airport. In the former, you can literally learn about the history of New Chitose Airport from beginning to present.


In addition to that, you can also see miniature models of airplanes and the uniforms of cabin attendants from past generations. In the latter, you can take a picture wearing the uniforms of pilots and cabin attendants and touch real tires. There is also a simulator there where kids can experience piloting, so they will be fascinated. This is a great spot for people who love airplanes.


The attractions of New Chitose Airport described in this article are only part of the story. So, by all means, when you visit Hokkaido, try to experience as many things at New Chitose Airport as you can.



新千歳空港

橋場 優志


北海道を訪れる多くの観光客が、思わず長居したくなる場所があります。その場所とは、千歳市と苫小牧市にまたがって位置し、北海道の玄関口とも呼ばれている新千歳空港です。ほとんどの人は、空港は単に短い滞在場所であり、長居する必要がないと考えていることでしょう。むしろ、空港での長時間滞在は、飛行機の遅延や乗り遅れをイメージしてしまいます。しかし、新千歳空港はその考えを覆します。この空港の多くの魅力を知れば、絶対に行きたくなるでしょう。


一つ目の魅力は、食べ物についてです。北海道では新鮮な海鮮料理、味噌ラーメン、スープカレーが有名です。空港の3階にはグルメワールドと呼ばれる場所があります。そこは主に3つのエリアに分かれています。

 

最初のエリアは、市電通りを再現してデザインされたレストラン街です。伝統的な日本の屋台が見られるのに加えて、居酒屋、寿司屋、スープカレー屋などで食事を楽しむことができます。このエリアは国内外の観光客に人気があります。

 

二つ目のエリアはフードコートですが、ただのフードコートではありません。この場所が特別なのは、飛行機が眺められることにあります。ここは展望エリアに面しているので、飛行機の離着陸を眺めながら食事することができます。子どもから大人まで楽しめるのでとても人気の場所です。

 

最後は、ショッピングワールドと呼ばれるエリアです。そこではロイズやルタオ、柳月など北海道を代表する菓子店でお土産を買うことができます。ロイズに関していえば、自社のチョコレート工場がこのエリア内にあるため、お客さんは製造工程をガラス越しに見学することができます。また、新千歳空港でしか買えないお土産もたくさんあるのでチェックしてみてください。多くのレストランやショップがあるので、何を食べたり買ったりするか迷ってしまうかもしれません。


二つ目の魅力は、娯楽施設です。食事や買い物だけでなく、様々な過ごし方ができるのも特徴の一つです。ここには温泉や映画館、博物館のような他の空港では滅多に見られない施設が多くあります。特に新千歳空港は、温泉と映画館を設置した日本で最初の空港ともなっています。これらの施設のおかげで、旅行者は疲れた身体を癒すことができています。


博物館については、飛行機と新千歳空港の歴史に焦点を当てたエアポート・ヒストリー・ミュージアムと、空港の体験型施設である大空ミュージアムの二つに分かれています。エアポート・ヒストリー・ミュージアムでは、文字通り新千歳空港の始まりから現在に至るまでの歴史を学習することができます。またそれに加えて、歴代の飛行機の縮小模型と過去の客室乗務員の制服も見ることができます。


大空ミュージアムでは、パイロットや客室乗務員の制服を着て写真を撮ったり、本物のタイヤを触ったりすることができます。子どもが飛行機の操縦を体験できるシミュレーターもあるので、子どもたちはきっと魅了されるでしょう。飛行機が大好きな人にとっては最高の場所となっています。

この記事で紹介した新千歳空港の魅力は単なる一部にすぎません。北海道を訪れた際には、ぜひ新千歳空港でいろいろな体験をしてみてください。


5 views

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page